法人クレジットカードの限度額の相場は?限度額を上げる方法についても解説

法人クレジットカードの限度額の相場は?限度額を上げる方法についても解説

皆さんこんにちは!管理人の眞太郎(@shintaro_kureka)です。

さて本記事では、法人クレジットカードの限度額の相場や限度額を上げる方法について解説しています。

結論から申し上げると、法人カードの限度額は一般カードで10万円〜100万円、ゴールドカード以上で50万円〜300万円が相場です。(使用状況により変動する)

また、限度額を上げる方法は、上位のカードを選択し、とにかく支払いを滞ることなく済ませることですが、ハイステータスカードともなると一時的に限度額を増額させることも可能です。

法人クレジットカードの限度額の相場

法人クレジットカードの限度額の相場

まずは、法人クレジットカードの限度額の相場から解説して参りますが、これは契約者の利用状況によって大きく異なりますので、一概に金額を提示することはできません。

各クレジットカード会社の公式サイトでも、あくまで目安の利用可能枠としてしか記載されていません。

また、利用可能枠は支払いが済んだ時点でリセットされるため、実際には半額程度を見ておく必要があります。

【例】利用可能枠100万円の場合

5月:70万円の利用

6月:30万円まで利用可能(支払いが済んだら上限の100万円まで利用可)

とはいえ、これから法人カードを申し込む際の目安として、以下「JCB法人カード」のランクに応じた目安をご覧ください。

JCB法人カードの特徴やおすすめポイント!年会費や券種ごとの優待まとめJCB法人カードの特徴やおすすめポイント!年会費や券種ごとの優待まとめ

一般カードは10万円〜100万円

JCB法人一般カードの場合、限度額の相場はおおよそ10万円〜100万円です。

支払いが済むまでにおおよそ1ヶ月あるとして、月間5万円〜50万円の決済が可能ですね。

ゴールドカードは50万円〜250万円

続いて、JCB法人ゴールドカードの場合、限度額はおおよそ50万円〜250万円ですので、月間25万円〜125万円までは決済が可能です。

プラチナカードは150万円〜

JCB法人プラチナカードにおいては、契約者の財務状況、利用状況によって異なりますが、仮に500万円だとした場合は月間250万円までは決済が可能です。

このように、カードのランクによって限度額が異なるため、毎月どれくらいの決済をしたいのか?を検討した上でカードランクを選択していくことをおすすめします。

>>JCB法人カードの公式サイトを見てみる

法人クレジットカードの限度額を上げる方法

法人クレジットカードの限度額を上げる方法

法人クレジットカードの限度額を上げる方法は、以下になります。

  1. 一般カードではなく、ゴールドやプラチナカードを選択する
  2. とにかく支払いを滞ることなく済ませる
  3. 毎月定期的に利用する
  4. カードによっては一時的に限度額を上げることが可能

実際には各クレジットカード会社で明記されていないため、私自身が利用した経験論でしか言えないのですが、あくまで参考までにご覧頂ければと思います。

一般カードではなく、ゴールドやプラチナカードを選択する

まず、法人カード発行の申し込みをする際に、一般カードではなく、ゴールドカードやプラチナカードを選択することです。

カードの種類によって年会費が異なるため、年会費を抑えると言う意味では一般カードを選択するのも良いのですが、やはりゴールドカード以上の方が限度額の初期設定が高いため、最低でもゴールドカード以上を選択することをおすすめします。

カード会社にもよりますが、カードランクが高いと傷害保険や各種優待制度も充実しているため、人によっては年会費以上の優待を受けることも可能です。

とにかく支払いを滞ることなく済ませる

続いて、法人カードに限らず言えることですが、とにかく支払いを滞ることなく済ませることが肝心です。

一度でも引き落とし日に決済が出来ない場合、それだけで限度額を上げることは皆無ですので、必ず引き落とし日の前日には決済される金額を入金しておきましょう。

私自身の体感では、半年〜1年以上定期的な利用があり、一度も支払いを滞ることなく利用した場合は、限度額が勝手に上がっているイメージですね。

毎月定期的に利用する

続いて、毎月定期的にカードを利用することです。

例えば、5月、6月と数万円の利用、7月に80万円の利用といったように、利用額に大きな波があるとイメージが良くないという話を聞いたことがあります。

ですので、私の場合には毎月決まった額を利用するように心掛けていました。

限度額が100万円だったとしても、毎月コンスタントに30万円の利用をするといった感じですね。

カードによっては一時的に限度額を上げることが可能

法人カードの種類によっては、一時的に限度額を上げることが可能なものもあります。

例えば、「セゾンプラチナビジネスアメックスカード」の場合、高額な広告宣伝費や法人税の支払いなどのニーズに対応するため、一時的に限度額を増額させることが可能です。

もちろん、契約者の利用状況によって増額の審査が通らない場合もありますが、利用する価値はありますね。

また、カードによっては、事前入金に対応しているカードもあります。

限度額を遥か超える利用をする際に、事前にそれ以上の入金をして決済を行うようなイメージですね。

セゾンプラチナビジネスアメックスの特徴やおすすめポイント!年会費や優待などセゾンプラチナビジネスアメックスの特徴やおすすめポイント!年会費や優待など

まとめ

まとめになりますが、法人クレジットカードの限度額は契約者の財務状況や利用状況によって全く異なります。

一概に「このカードならこれだけの限度額が利用できる」といったことはありませんので、まずは発行したいカード会社の目安を参考に検討してみてくださいね!

私の経験上、法人カードなら最低でもゴールカード以上を発行したほうが、限度額を高めに設定できるかと…。

ただし、ゴールドカード以上になると、それなりに年会費もかかりますので、必ず確認した上で申し込みをしてください。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました!

おすすめの法人カード!

限度額の上限が気になる方は、セゾンプラチナビジネスアメックスカードがおすすめです!

>>セゾンプラチナビジネスアメックスカードの詳細を確認する

>>セゾンプラチナビジネスアメックスカードを発行する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA